第11期沖縄YIC(ヨーガ教師養成講座)の御案内

  • ヨーガはその発祥の地インドにおいても、これまでの伝統的な宗教の分野だけでなく、近年多くの分野で活用されてきています。そうした時代の流れの中で、ヨーガを学校や医療施設で教授する者への需要が大いに高まり、伝統的な宗教心は勿論、現代医学の知識も合わせ持ったヨーガの指導者がインド国内はもとより、イギリス、アメリカなどの西洋諸国でも活躍するようになってきています。
  • sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団)はインドにおいてヨーガ教師養成並びに、ヨーガ療法士養成機関として認定されているインド国内機関の内の一つであり、これまでにも優秀なインド人ヨーガ教師やヨーガ療法士を輩出してきています。
  • 以前はこの資格を取ろうとした人たちは、インドのバンガロールにまでおもむき、一ヶ月以上の期間、sVYASAのヨーガ療養施設プラシャンティ・クティラム(安らぎの里)にとどまり、英語での講義を受講する必要がありました。
  • しかし、より多くの日本の方々に資格取得の機会を提供するため、現在は、日本ヨーガ・ニケタンが、日本各地で日本語によるYIC(ヨーガ教師養成講座)を開催しています。そして、YICを修了した方には、sVYASAが発行する修了証が授与されることになっております。
  • 我が国の本講座を修了すると、(社)日本ヨーガ療法学会に入会後、学会の認定審査を経て、認定ヨーガ教師の資格を取得することもできます。
  • スタッフ一同、全力で皆様方をサポートさせていただきたいと思っておりますので、是非ご参加ください。詳細はこちら>>第11期沖縄YIC