第7期沖縄YTIC(ヨーガ療法士養成講座)のご案内

  • 現在、(社)日本ヨーガ療法学会では日本ヨーガ・ニケタンと協力して、日本各地でYTIC(ヨーガ療法士養成講座)を開催しています。本講座では心身に疾患を持って現に医療機関を受診されているか、そこまででなくとも老化等で健康問題に不安をお持ちか、種々の疾患の再発に対する不安をお持ちかの人々、更には年齢を問わず健康促進に関心を持つ人々を対象にして伝統的ヨーガとヨーガ療法として指導する専門教育が行われます。2015年には米国で以下のようなヨーガ療法に関する報道が為されました。
  • 全米ヨガアライアンスの有資格者でもヨーガ療法士と名乗ってはならない、ヨーガ療法を指導すると言ってはならないという通達がアライアンス当局から発信されたのです。同時に、国際ヨーガ療法士協会からもその自主規制に賛同の通信が発せられています。英文のサイトが読める人はお読みください。

(英語で発表された方針はこちら:www.yogaalliance.org/YogaTherapyPolicy

(IAYTのコメント全文はこちら:(英文)

https://c.ymcdn.com/sites/iayt.site-ym.com/resource/resmgr/docs_iayt_commentaries/kepner_comments_new_yogaalli.pdf

  • 我が国では本講座を修了すると、(社)日本ヨーガ療法学会に入会後、学会の認定審査を経て、認定ヨーガ療法士の資格を取得することもできます。また、インド中央政府ヨーガ指導者国家資格試験を経て、国家資格であるレベル2試験とヨーガ・セラピスト/YTの資格試験も日本国内で受験可能となります。スタッフ一同、全力で皆様方をサポートさせていただきたいと思っておりますので、是非ご参加ください。
  • 尚、本YTIC講座開始時から受講生はラージャ・ヨーガとヨーガ・スートラの受講が義務づけられました。最終の講義は6時に終了しますが、本格的に学ぶヨーガ療法の最終技法であるヴェーダ瞑想は、ヨーガ・スートラの学び無しにはなりたちません。ふるってご参加下さい。尚、残れない人のために配信サイトでの受講を検討しています。詳細は講座開始時にお知らせいたします。
  • ラージャ・ヨーガは実技が伴いますのでネット配信はありません。ラージャ・ヨーガ実習は毎月1回、日本ヨーガ・ニケタン東京支部(日曜朝8時より)、関西支部(日曜朝7時より)、福岡(夜7時からの瞑想指導・朝8時からのラージャ・ヨーガ)の三箇所で直接指導いたしますので、別途受講料を払ってご参加ください。この学びで勉強不足を補って下さい。
  • また、本YTIC講座から全講座数が22回になりました。それに伴い受講料が改定されています。また、参加費の分割支払いも可能です。
  • スタッフ一同、全力で皆様方をサポートさせていただきたいと思っておりますので、是非ご参加ください。詳細はこちら>>第7期沖縄YTIC講座案内