1. 日本ヨーガ療法学会は2003年に設立されました。2009年からは一般社団法人となり、現在医師やヨーガ教師など約2500人の会員により、ヨーガ療法の研究と普及活動が行われています。
  2. ヨーガ療法は伝統的なヨーガを科学的な研究をもとに、一般の人や疾患を持つ人でも安全にできるように改良して作られました。身体機能の回復を図るだけでなく、心の落ち着きや睡眠など精神的な健康を向上させる方法としても効果のある健康法です。生活習慣の改善や病気の予防、人間関係改善など、日常生活にも応用ができます。最近では、ストレス性の疾患、生活習慣病、介護予防や心の病にも有効であるとする研究報告が増え、現代医療的治療の補助療法としての効果が期待できるとする研究も増えています。
  3. 東日本大震災に際しては、学会認定ヨーガ療法士による被災地支援活動が行われました。現在も、全国各地で被災者支援活動を行っております。 また、2009年から実施しているウクライナ国キエフ市でのチェルノブイリ被曝事故被災者支援活動や、インド国内でのヨーガ療法指導など、学会認定ヨーガ療法士の活躍の場は海外にも広がっています。
  4. 当学会は(社)日本統合医療学会とも提携し、当学会の認定ヨーガ療法士たちは 統合医療の専門家をめざす医師たち医療関係者と共に認定試験を受けて、合格者には ヨーガ療法を専門とする統合医療専門家(ヨーガ部門)として活躍できる道も開けています。
  5. これまでに参画した統合医療研究実績
    • 2010年から開始されたキエフ在住のチェルノブイリ被曝事故被害者の皆さんへのヨーガ療法指導とその健康回復効果調査研究(ライプチッヒ大学)
    • ヨーガ療法の有害事象調査研究(九州大学)
    • 慢性疼痛へのヨーガ療法指導効果調査(明治国際医療大学)
    • 地域におけるホリスティックプロモーションプログラムの開発研究(日赤鹿児島)
    • マタニティーヨーガの効用(宮崎県立看護大学)
  6. 日本ヨーガ療法学会の詳細については下記のホームページをご覧ください。
    日本ヨーガ療法学会ホームページ

     

電話でのお問い合わせはこちら080-1718-1443

お問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら